. 開拓記 - 1ページ目2 - バンビー農園

バンビー農園

宮島カフェ&バー 【バンビーノ】のショウガ畑物語

スポンサーサイト

 --, --   -
Category  スポンサー広告

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

土づくり 3rdシーズン

昨年の落葉が腐葉土になり、これが土づくりにとって欠かせない堆肥となります。      この腐葉土やカキガラ(右)を混ぜ合わせると、春野菜の苗づくりのための倍土になります。ガリガリだった畑も、牛ふんや腐葉土をすきこむことによって少しずつですが、やわらかく肥沃な土へと変わっていきます。      空いた場所には、来年分の落葉が入ります。 積んだ落葉には犬が入ります。        写真にも、犬が入って...

 20, 2017   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

畑のごちそう

島の裏側にも2tダンプがやってきました。はるばる岩国から牛ふん堆肥を届けに来てくれたのは、高森肉牛ファームさん。今年もお世話になります。地元の堆肥業者でさえ、離島への運搬を敬遠するところ、隣の山口県から快く引き受けてくださいました。      【2tの牛ふんが山に】      【何十往復しながら畑へ運びます】植えつけ前に、落葉堆肥と合わせてどっさり畑に投入して耕します。土壌改良は、5年10年先の状態...

 21, 2016   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

開拓 2ndシーズン

バンビー農園の畑は段々畑になっています。山の中に土地があるため、平地に広々とした耕作地を望むことはできません。周りは世界遺産の原生林と、野生動物がどっさり。 サファリパークの中で野菜を作るようなものです。昨年開墾したのは一段目。 竹の根と残材を一年がかりで開墾しました。今年からは二段目に着手します。 石材や倒木などで、難航が予想されますが、また1㎡ずつ地道に手作業していくしか道はありません。   ...

 07, 2016   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

366日目。

軽トラに農業資材を詰め込んで、茨城から広島に来て丸1年目。資材置場だった荒地に、ネギやホウレンソウができ、知らない人が見ても「たぶん・・畑?」とわかるまでになりました。 バンビーノを通じて、また畑を通して、たくさんの島の人やご近所の方と知り合うこともできました。      【茨城・八郷の畑と土を懐かしがる・・・土と気候の違いを実感(左)。 畑近くの浜で一周年の記念撮影(右)】年明けに茨城へ行き(里...

 20, 2016   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

宮島で世界三大穀物を作ってみた!

あけましておめでとうございます。 元旦から畑初めをしています。街は初詣でごったがえしていますが、島の反対側は人影も鹿影見えず、ひっそりとしています。今年の初種まきは、麦。 緑肥です。売れない作物を育てるのも、有機農業ではよくある風景。 まわりくどいようですが、野菜を作る下準備。畑に栄養を与えます。イネ、トウモロコシと並ぶ主要穀物。 麦は大麦、小麦、ライ麦・・いろいろありますが、細かい話は割愛します...

 01, 2016   0
Category  開拓記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。