. 2015年04月の記事 - 1ページ目 - バンビー農園

バンビー農園

宮島カフェ&バー 【バンビーノ】のショウガ畑物語

スポンサーサイト

 --, --   -
Category  スポンサー広告

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

宮島NG 

土づくりの第5弾。 土壌改良の「根幹」となる資材を手配しています。茨城の農家時代から、有機栽培で畑を作るとき、常に頼りにしていた「堆肥」。牛ふんです! しかし、ここは離島。 島の外から運ぶにも距離、フェリーなど運搬手段、手間などで入手自体ハードルが高い。農家が安価で手軽に入手できる牛ふんは、ここでは最も高価な(費用がかかる)資材となってしまうのです。だからといって、自分の軽トラで何往復もするのは、...

 30, 2015   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

畑にまつわるエトセトラ(中)

島の反対側、畑のそばに、ぽつんと一軒だけあるおうちがあります。半自給自足で暮らしている方がいらっしゃるのですが、すっかり仲良くなって、よくお昼を一緒に食べたりします。      【島の裏側は、断崖絶壁ときどき浜辺】     【浜辺のすぐ近く、隠れ家的なうちです】料理店を経営されていたので、お客さんが来ると喜んでふるまってくれます。あるときは、釜で炊いたカキごはん。 魚は釣る、カキはもらう、海草はひ...

 26, 2015   0
Category  宮島トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

自然の恵み

土づくり第4弾。今回は竹炭と腐葉土です。      【雨の日は竹の根を燃やします。 畑から出た不要なものも形を変えて再利用。これぞ循環型農業です】竹の根を燃やして、竹炭を作ります。 畑にすきこむと微生物が定着し、土中の有機物分解を促進します。土壌改良の主役でもある微生物。植物を育てるということは、微生物を育てることでもあります。 一方で山の落葉をさらった下に堆積している腐葉土を採取。 これはそのま...

 23, 2015   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

朝飯前?

バンビー農園、初収穫となる春野菜は、途中シカに荒らされつつも生き残りの葉物は成長。カブ、サニーレタス、ベビーリーフがGW採りへ向けて、あと一歩。      【ベビーリーフはGWから】              【カブ、ラディッシュは5月中旬採り】一方で、落葉温床の上に播種した夏野菜は、イノシシにひっくり返され、だいぶ希望薄。その、前回イノシシ対策を講じた結果は!      【おもりの漬物石も軽く吹っ飛...

 17, 2015   0
Category  鹿トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

猪突!

シカを防いで、次は中ボスの登場です。米ぬかに誘われ、まさかのフェンス大破。 イノシシはその気になれば、70キロの石も動かせるそうです。「入口がなければ、俺が入口をつくるまで」 そのフロンティア精神だけは見習うべきですが。      【策士 バンビーノのボス2度目の登場】       【山と境界線、危ない箇所は入念に固めます】      【地面を掘らせないよう “返し”も設置】       【こんなのが...

 16, 2015   0
Category  鹿トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

畑にまつわるエトセトラ(上)

閑話休題です。気分転換を兼ねて、畑のまわりをご紹介します。      【畑は厳島神社の反対側、山を2~3つ越えていきます。 道中の断崖絶壁からは、美しき瀬戸内海】      【道を外れて林を抜けると、キレイな砂浜   そして鹿。】      【カキガラの浜辺、その先には怪しい洞窟。無人島のような景色もあちこちにあります】      【畑を降りるとすぐの浜辺。ぽつんとたたずむお社。海の先には江田島、...

 14, 2015   0
Category  宮島トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

柵ドン

米ぬかが引き起こした、春の嵐の2DAYS。落葉堆肥として積んである枠と、柵内に鹿ふんと混ぜて盛った堆肥の2ヶ所。 大切な堆肥は柵の中。発酵するまでは、野菜と同じくしっかりガードしておくつもりでした。 1日目。 行列ができている。 追い払い、それでも逃げないので、「あっぱれ」と写真を撮ってあげる。      【畑到着時、7~8匹いたシカもたいがい逃げていきますが、このシカだけは逃げません】これは想定内。た...

 09, 2015   0
Category  鹿トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

堆肥づくり

土づくり第3弾。今回は米ぬかです。 なるべく費用をかけず、島にあるもので工夫しています。      【ぬかは、島の米屋さんから】                【落ち葉は毎日さらっては枠に積んでいきます】落葉を敷き込み、米ぬかを混ぜこみます。 あとは水、それだけ。これにより微生物の働きを活発にして、発効促進させるのです。分解の過程で熱が出るので、自然のホットカーペットとなり真冬でも育苗時ができる温...

 07, 2015   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

桜と海✕山と畑

宮島には桜の名所はいくつもありますが、知られざる島の裏側にも、お花見場所が。桜並木などの名所もよいですが、山奥の一本桜も、これまた風情があります。つぼみがふくらんできたと思ってから、数日で一気に開花。 まさに春欄間です。      たまに通りがかる散策や、サイクリングしている人も足を止めるほど、山の中でポツンと咲く桜には、人を惹きつける魅力があります。桜を題材にした短歌や文学は多く、一度は学校でも...

 02, 2015   0
Category  宮島トーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。