. 2015年07月の記事 - 1ページ目 - バンビー農園

バンビー農園

宮島カフェ&バー 【バンビーノ】のショウガ畑物語

スポンサーサイト

 --, --   -
Category  スポンサー広告

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

不毛地帯(下)

       ・・・だから、やっぱり今日も明日も『土木』作業。      【使うのはスコップばっかり】            【ガラやアスファルトがまざる土はひたすら除去】            【たまに出てくる30キロ超級】         【これでかなり体力が削られる・・・】梅雨に入り、獣にばかり気を取られ、すっかり忘れられた頃にあの「元」脅威が。       【2月に掘り起こされて放置していた...

 26, 2015   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

キャッチアンドリリース?

畑の外でも、闘いは続いているのです。こちらはイノシシ捕獲用のオリ。 最近エサだけがなくなる新手のイヤガラセが。。。イノシシがそこまで器用な真似は出来ない、となれば?今度こそ!と、トラップにひと工夫。 さあ まさかの脱出?翌日、扉が降りている? 中には誰もいない? ついに超常現象?果たして誰の仕業なのか? 扉が閉まる前に逃げたのか? そんな神業できるのか?・・・・・やっぱりシカなのか?・・・・・・・...

 20, 2015   0
Category  鹿トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

夏が終わる・・・

イリュージョンⅢ、いいえ悲報。半月ほどなにもなく、安心してキュウリの苗を買い直し、トマトの芽かき、オクラの種まき・・etc農家の夏は、野菜が収穫できてナンボ。 夏らしくなったって、夏野菜がなければ「夏」は来ません。毎週、毎雨ごとに葉っぱが増え、蔓がのび、小さな実ができてくる、そんなある日。地獄の使者は音もなく現れる。2015年7月の変 ・・・絶句      【葉と芽を食べられた赤オクラ】         ...

 12, 2015   0
Category  鹿トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

不毛地帯(上)

おそらく有機農家にとってハードな時期は、梅雨前後がピークだと思います。それは、『除草』という最も大変なシゴトがあること。除草薬を使わず、機械(トラクター)も使えない場所、もしくは持ってない場合などは手作業です。有機農業は「除草」と「虫」をどうするか。 これをいかに効率よくするかが永遠のテーマです。この時期は気温も高く、一雨くれば、驚くほど成長する雑草に対して、むっとする湿度や暑さで作業が追いつきま...

 11, 2015   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

summer veggies

畑を初めて、もうすぐ半年。これまで(茨城)であれば、春夏で30品目は栽培していました。 特に果菜類が成りはじめると、家庭菜園でも最も収穫が楽しみなシーズンを迎えます。      【生食で使うため、赤オクラは若採り】         【ハウスがないので、小玉トマトの露地栽培】育苗をイノシシに襲われ、苗はシカに食われて、二度の挫折を経験し、ようやく畑に植えます。規模はちがえど、農家の本分は野菜をつくるこ...

 04, 2015   0
Category  野菜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。