. 2015年08月の記事 - 1ページ目 - バンビー農園

バンビー農園

宮島カフェ&バー 【バンビーノ】のショウガ畑物語

スポンサーサイト

 --, --   -
Category  スポンサー広告

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ヒマワリの裏の顔

畑において、食べられない植物を作ることがあります。  それは「緑肥」という作物。 植物は、自然界にあるものでエネルギーをつくることができます。 それは土からではなく「光」と「空気」から。太陽光を受けて、光合成した栄養分や、大気中の窒素を取り込んで成長します。その後、収穫せず、そのまま畑にすきこむことで、植物が蓄えた栄養が肥料になるという方法。    一見、土の栄養分で育ったものを土に還すなら、...

 25, 2015   0
Category  開拓記

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Inspire The Next “season”

メッタメタにやられた夏の野菜たち。 再起不能の野菜もありました、無念のうちに土に還った苗、かろうじて生きながらえた一片の芽、そしてドラマ。春ニンジンは2回葉を食べられてからの復活。 実に3ヵ月遅れて夏ニンジンに。      葉っぱを食べつくされ、芽だけ残されたドン底から再生した赤オクラ。      丸坊主にされ、茎だけのホネホネ状態から、脇芽が発生し、ピーマンが着果!      茎を折られたナス。...

 17, 2015   0
Category  野菜

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

宮島水中花火大会

宮島の夏を彩る一大イベントがこの宮島水中花火大会です。水中花火船より海中に投げ込まれた水中花火は大音響と共に炸裂し、朱の大鳥居や嚴島神社の社殿を幻想的に浮かび上がらせます。必見!!!...

 11, 2015   0
Category  宮島トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

真夏の夜の夢、悪い夢

暑苦しい日々が続いております。雨も降らなくなり、畑もだいぶ乾いてきましたが、今年は試験栽培として、「土壌の潜在能力」を見極める。この土にどれだけの保水性がある(ない)のか、乾燥に耐えられるのか。大前提は水をやらずに育てられる(雨のみで)畑であること。 異常気象の昨今とはいえ、これは露地栽培の生命線でもあります。まあ、畑も乾けば人もヘタってくる。 ヘタってくると、変な夢を見るようになる。。。例えば。...

 10, 2015   0
Category  鹿トーク

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

猪6号 

台風並みにやってくるイノシシ来襲。久々に荒らされたショウガ畑。         【ブルーシートの継ぎ目を狙われたらしい】        【くっきりついたヤツの足あと】夏野菜には目もくれず、狙ったのはショウガとネギゾーン。 今回は数か所だけでしたが、掘られた場所は芽もなぎ倒されているのでアウトです。      【キッチリ、畝の真下を掘り起こす嗅覚】            【ショウガを食べる事例は聞い...

 02, 2015   0
Category  鹿トーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。